世田谷区のスキューバダイビングスクール、ブルーアース21世田谷 SSI 東京都

こんにちは、ブルーアース21世田谷 スタッフブログです。


1月末に調子が良くなかった僕の器材をオーバーホールにだしたのが帰ってきました!!


完全に調子よくなって帰ってきましたが、何やら摩耗があったみたいで…


皆さまに改めてオーバーホールのご紹介をしちゃいます!

オーバーホールは器材のメンテナンスの総称で


当校では契約しているメンテナンスセンター様推奨の


レギュレーター、オクトパス、ゲージ、インフレーターホースの


3点でのオーバーホールです。


呼吸、中性浮力を操作する水中では大事なアイテム達です。


通常であれば、交換されるパーツは下の写真たち程度です。


これらは、摩耗にかかわらず検査の過程で外さなくてはならない


基本交換パーツと言われるものです。


メーカーにもよりますが、2.000円~4.000円程度します。


それ以外に必要なパーツがあれば、上乗せされていきます。


オーバーホールのメンテナンス目安は、

オーバーホールから1年の経過や、100本のダイビング

と言われております。

1回でも使用すると摩耗、錆の原因に繋がりますので

皆さま忘れずにオーバーホールに出して下さいね。


作業から戻ってくるまではだいたい2~3週間です。

海外へダイビングに行く予定がある場合には、早めに出しておくと安心です。


さて、今回私が交換したパーツは下の通りです。


通常の交換パーツに加え、BCの操作ボタン、


レギュレーター、オクトパスのホースそして真ん中の銀色の


レギュレーター本体ケース…


こんなの初めて見ましたショック!


目には見えませんが摩耗によりホース内部に


ヒビが発生していたみたいです…


気を付けて使用していたにもかかわらず


交換パーツ料金だけで2万円ほど…叫び叫び


事前に担当者からホースの交換やケース交換を聞いていましたが


手元に数字としてみてしまうと衝撃的です…



皆さまは交換パーツが少なくて済むように丁寧に使用したり、


ダイビング後のメンテナンスもお忘れなく!!


ブルーアース21世田谷 山口

ダイビングの詳細はこちらから

ダイビングについて、ライセンス取得についてのより詳しい情報はこちらからご覧ください。

ダイビングをより楽しめる、ブルーアースならではのサポートシステムをご紹介します。
スキューバダイビングのライセンス取得までをフローチャートでご紹介します。
このページのトップへ
ブルーアース21世田谷
  • お気軽にお問い合わせください
  • 資料請求
  • 無料説明会